人は俺を「歯の自由診療マスター」と呼ぶ

本来の唾液の作用は、口のなかの洗浄と細菌の働きを妨げることです。しかしながら、それだけではないそうです。歯を再石灰化するためには唾液が欠かせないために、分泌される量は欠かせない存在です。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防の後進国と呼ばれており、欧米人より、実は日本人の歯の寿命は短くなっていっています。最もそれは歯の病気の予防に対して危機感が違うのだと思われます。

とある研究においては、顎関節症の自覚症状がない人でも、3割から4割の人が歯みがきをしたりする時に、こういう不快な音がしているのを認識していたようです。

虫歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯は意外なほど病状が進行していると推知され、うずくような痛みも依然、変化はありませんが、そうではないケースは、一時性の徴候で収束するでしょう。

唾液そのものは、口内の掃除役と呼ばれるくらい重要な役目を果たしていますが、それ自体が少なくなってしまうのですから、口腔内のニオイが気になるのは、当然のことだと言われています。

甘い食物を食べすぎてしまったり、歯ブラシでの歯みがきを横着すると、歯周病のきっかけとなる菌が増加してしまい、プラークが増えてしまい、その挙句歯肉炎が発生してしまうと言われています。

上部の親知らずは下部に比べて、麻酔の影響力が強いため、歯を抜く際も痛みに感じるといったことが少なく、痛さを感じやすい方であるとしても、手術は難なく遂行できます。

これは顎を動かすと同時に、顎関節にカクカクという異音が生じるもので、症状では格段に多く起こっており、なかんずく初期の頃に多く起こっている顎関節症の特徴です。

唾は、いかにも酸っぱそうなものや、美味しそうなものを目の前にすると出てきますが、じつはむし歯や歯周病等を予防するのに役立つのがこの唾液なのです。

口を開け閉めする事による筋肉の緊張を解きほぐし、異常を起こした顎関節内の中を正常化させる運動を取り入れたり、顎関節の動作をなめらかにするリハビリを実践します。

口角炎の要因の中でも非常に移りやすい環境は、親子の間の伝染でしょう。当然ながら、親の子への愛情によって、始終近くにいるというのが最も大きな理由です。

一般的に見れば医師の数が多いのであれば、時間をかけて患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、逆にそういう場所には流れ作業として、患者さんに治療を施す病院が実在するのです。

歯科医師による訪問診療のケースは、医師の施術が済んだ後も口腔ケアをしに、定期的に数度担当の衛生士が、お邪魔させていただくことが何度もあると言われます。

セラミックといっても、いろんな材料や種類が用意されているので、お世話になっている歯科医師と十分に相談し、自分に向いている治療術を吟味するのがよいでしょう。

審美歯科に懸かる医療は、「心配事の根本ははたしてどんなことか」「どんな笑顔を得たいか」をよく話しあうことより開始します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ