インプラントの利用を考える際

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ