入れ歯でもブリッジでも、見た目だ

入れ歯でもブリッジでも、見た目だけだと失っている歯はないように見えます。
でも実際は見せかけだけで、普通に噛んでも問題ないかと言えば、実はそうではありません。
外見だけを気にするのか、またはきちんと噛める歯を望むのかは判断が分かれるところかもしれません。
この頃は歯科医院でもインフォームドコンセントをアピールしているところが増えてきました。
特にインプラントなどの治療費が高額になる保険が効かない自由診療を行っているデンタルクリニックに多い傾向があります。
外科手術というリスクと高い費用、長い治療期間を考えれば、患者の立場からしてみれば当然のことのようにも思えます。インプラントは失った歯を取り戻すための治療ですが、同じような治療に入れ歯とブリッジがあります。入れ歯もブリッジも保険が使えますので安く済みますが、それ以上にデメリットの大きさが目立つことも事実です。
どちらにも共通しているのは、『噛めない』『痛い』ということです。allon-4とは、多数歯欠損の方に行われるインプラント手術の最先端の技術です。
今までの方法ではインプラントと歯の割合は1:1でしたが、オールオンフォーでは4本ですべての歯を支えます。
上顎もしくは下顎に4本のインプラントを埋入し、すべての歯を支えるという手法です。
インプラントの埋入本数によって、all-on-6などと呼ばれることもあります。インプラントの治療期間が長くなる理由としては、埋入したインプラントと顎の骨が結合するのを待つ必要があるからです。
GBRなどの骨造成を行う場合には更に時間が必要となります。
長い場合には治療期間が3年に渡ることもあるようですが、完了後には生活の質が一変します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ