インプラントはどのくらい保つのか、まだ

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ