歯科治療の一環として、インプ

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ