インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。でも、気にしなくて良いです。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
他の治療が難しい方に適用されます。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ