理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
アフターケアが寿命を決定します。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。
インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ